2016 8/27 の練習

2016 8/27 の練習

(Clarinet N さん)

個人の音出しが終わり、いつもの様にスケールから。
スケールは、その調のドから1音づつ7拍吹いて1拍休み呼吸をしながらオクターブ上がり、また1音づつオクターブ下がります。

14372105_950498371728579_9025123063702807314_o

 
楽器をしっかり鳴らす事、ブレスコントロール、アンブシュア、周りの人の音と合わせる事などなど、ロングトーンだけでも、気をつかうところがたくさんあります。
スケールも♯や♭が少なく、たくさんやってるB♭Durなどはまとまるけど、♯や♭が増えると途端に楽器が鳴らなくなっていたり、テンポ感がおろそかになったり。

14310320_950497468395336_5952587376792638648_o

 
ロングトーン、スケールでウォーミングアップが出来ると曲の練習です。
スケールと同じで、音やリズムに気を取られると、楽器を鳴らせていなかったり、ブレスがおろそかになったり(>_<) 「音を楽しむ」音楽が出来る事が自分の目的です。

14372451_950504858394597_6501032831840381825_o

 

14361272_950504551727961_8922100604040026956_o

 

14258285_950503855061364_2185309767672103689_o

 
基本練習は個人でしかできない場合が多いですが、チャオズではみんなで一緒にやります。

14324648_950503401728076_3207787073764857124_o

 
みんながそれぞれ、楽器を吹く基礎がついてきます。
合奏がどんどん楽しくなる( ´ ▽ ` )ノ

14362526_950503028394780_4347931895418921411_o