「練馬区の後援」について

「練馬区の後援」について

演奏会のチラシに「後援:練馬区」と書きたいなあ、と、
練馬区役所HPの問い合わせフォームから質問したところ、

練馬区文化・生涯学習課管理係 星野さまから
「電話で詳しく話を聴かせてください」とのお返事が来ました。

お電話で伺った内容を、まとめます。

<後援の資格>
・文化・福祉に貢献する内容であること。
・ある程度のキャパシティーのある、セキュリティの確保された会場であること。

<後援のメリット>
・実利的なメリットはほとんどない。
→ホールが安くなる、ホールの先取りができる、などは無い。
「練馬区の後援がないと、うちはチラシは置けません」って場所に置けるくらい。

<判断のポイント>
・過去の実績を見させていただいている。
「演奏会を何度か成功させているか?」など。
これという基準はない。総合的に判断させていただいている。
・「後援と書く以上、練馬区にもそれなりの責任がありますので・・。」

<まとめ>
窓口の星野さま
「楽団を作って、はじめての演奏会ですか・・HPみさせていただきましたが、
今回はむずかしい・・です。でも、正直に言って、あまり、メリットってないんですよ。。」
とのこと。

星野さまはとてもフレンドリー&丁寧でした😊

————————————————
チャオズウインドアンサンブル
大矢 哲也さま

日頃、練馬区の文化行政にご理解、ご協力いただき、ありがとうございます。
練馬区文化・生涯学習課管理係 星野と申します。
お問い合わせいただいた練馬区後援名義等使用承認を担当しております。
後援名義の使用承認について、もう少し詳しくお話しを伺いたいと存じます。
お忙しいところ大変恐縮ですが、平日のご都合のよい時間帯を
お知らせいただければ、こちらからお電話いたします。もしくは
お時間があるときに、下記までお電話いただけますでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
練馬区 文化・生涯学習課管理係 星野
電話03-5984-1285(直通)
平日(8:30~17:15)
FAX 03-5984-1228
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

——Original Message——
差出人:oya@mail.ne.jp
宛先:kocho@city.nerima.tokyo.jp
CC:
件名:●区政へのご意見(回答希望)
日時:2017年05月01日(月) 16:12(+0900)
※このメールは区ホームページ(メールフォーム)から送信されたものです。
——-お問い合わせ内容————————————————-

(中略)

ご意見・ご要望の件名:演奏会に「練馬区の後援」をいただけないでしょうか。
ご意見・ご要望の内容
こんにちは。

練馬区の吹奏楽団
チャオズウインドアンサンブルともうします。

練馬区の吹奏楽団 チャオズウインドアンサンブル

ことし 10/22 に練馬文化センターで演奏会を催すのですが、
その演奏会に(無料のコンサートです)、
練馬区の後援をいただきたいと考えています。

相談の窓口や、必要な資格について
教えていただけないでしょうか。

どうか、よろしくお願いいたします。